プロフィール

キルト和について

主にパッチワークの手法を使って、かわいい布小物を作っています。
かわいくて、まるっこくて、ふんわり、ぷくぷくなやさしいイメージが好きで、そんな雰囲気の作品を作っています。

作品製作においてこだわりたいこと

私は、20数年IT系の会社でソフトウェアの開発業務を担当していました。

普段から自分で作ったサブバッグやポーチを使っていて、会社にも持って行ってました。
仕事中、どうにも行き詰って「う~ん」と頭を抱えてしまうような状況もときどきあったのですが、そんなとき、ふとポーチなどに目をやるとふんわりぷっくり、ほんのりかわいい感じが、気持ちをほっこりさせてくれる感じがしました。
ぴーんと張っていた緊張の糸が、ちょっとだけ緩む感じがしたのでした。
そして。気持ちを新たに仕事に立ち向かうことができる気がしました。

こんな気持ちをおすすわけできるとうれしいなと思って、販売を始めることにしました。

忙しい毎日の中、ほっと一息つくときのお供に、まるっこくて、ふんわり、ぷくぷくに癒されるような作品を作っていけるといいなと思っています。

屋号「キルト和」について

「和」は、私の名前「美和」から取ったのです。

「和」には、めざしたいと思うものを表す意味、パッチワークにぴったりな意味があることに気づき、この字を使いたいと思いました。

1 争いごとがなく穏やかにまとまる。「和解・和合・和平/協和・講和・親和・不和・平和・宥和(ゆうわ)・融和」
2 やわらいださま。ゆったりとして角立たない。「和気・和光同塵(わこうどうじん)/温和・穏和・緩和・清和・柔和」
3 性質の違うものがいっしょにとけ合う。「混和・中和・調和・飽和」
4 声や調子を一つに合わせる。「和韻・和音・和声/唱和」
5 二つ以上の数を合わせたもの。「総和」
6 日本。日本語。「和歌・和裁・和室・和食・和風・和服/英和・漢和」
7 大和(やまと)国。「和州」

デジタル大辞泉

私が目指したい、心に留めたい意味は、1, 2。
自分の外側のことにイライラしたりせず、心穏やかであること。温和。穏和。
とげがなく、ものやわらかであること。柔和。
争いごとがなく、平和な世の中。
私の出身高校にゆかりの聖徳太子も「和を以て貴しとなす」と仰いました。

パッチワークにぴったりと思うのは、3, 4, 5。
いろんな生地を組み合わせて、調和させて、一つの作品を作っていく、というパッチワークキルトの技法にぴったりの意味です。

6, 7は、私が好きな雰囲気です。
私は、割といろんな雰囲気の作品を作るほうだと思いますが、ほんのり和の雰囲気がある作品が気に入ってます。

そして、やはりパッチワークキルトをメインにしたいということで「キルト」をつけました。

<<おまけ>>
試しに社名占いをしてみたところ、以下のように結果が出たので、これにも背中を押されたのでした(^^)。

『 キルト和 』の社名占い結果

最大の幸運数。会社名の画数が15の会社は、穏やかなペースで事業を盛り立てていくことができる。
時代の追い風を受けてチャンスに恵まれ、取引先や顧客からの評判も上々。
会社としての理想や目標を成就することができる。
外部から「商品やサービスが平凡だ」「もっと会社を大きくできるはずだ」と指摘されことも多いが、欲をかいて急な事業拡大や多角経営をしてはいけない。
本業を愚直にまっとうしていれば、会社は安泰である。

社名占い.net

取扱店

キルト和の作品は、以下で販売していただいています。
よかったらチェックしてみてください。

◆販売サイト◆
ハンドメイドマーケットminne
ハンドメイド通販・販売 Creema 

◆委託販売◆
デイリーヤマザキ木津駅前店

作家miwazouについて

子供のころから手芸が大好きで、母に教えてもらったり、本を買って勉強したりして、いろんなものを作っていました。
大人になってからパッチワークキルトを始めて、すっかりはまってしまいました。

お教室に通って、仲間と楽しく勉強しながら、日本手芸普及協会のパッチワークキルト指導員の資格を取得することができました。
今後も、パッチワークに限らず、いろんな手法、技術について勉強を怠らず、幅広い技術を習得し、素敵な作品を作って、みなさまにお届けできるとうれしいです。

◆経歴◆
1995年 独学でパッチワークキルトを始める
2010年 4月 パッチワーク資格取得コース受講を始める
2016年 2月 公益財団法人日本手芸普及協会パッチワークキルト講師資格取得
2019年 5月 公益財団法人日本手芸普及協会パッチワークキルト指導員資格取得
2019年 7月 色彩検定2級合格
2019年11月 デイリーヤマザキにて作品の委託販売を始める
2020年 5月 ハンドメイドマーケットサイトminneにて作品販売を始める
2020年 6月 公益財団法人日本手芸普及協会刺しゅう「ステッチ100」講師資格取得

どうぞよろしくお願いいたします(^^)。

タイトルとURLをコピーしました