コーデュロイとクレイジーのシェル型ポーチご紹介

作品紹介
スポンサーリンク

こんにちは。パッチワークキルト作家のmiwazouです。

クレイジーキルトの手法でシェル型のポーチを作りました。

底から側面にわたる部分には、コーデュロイの生地を使ってみました。なので、これからの秋冬にピッタリの温かい雰囲気のポーチになりました。

こちらのポーチをご紹介いたします!

作品ご紹介

クレイジーキルトというのは、パッチワークの技法のひとつで、土台布の上に不規則に布を縫いつけ、刺しゅうステッチを施したキルトです。このポーチは、土台布にキルト綿を使っており、キルト綿に布を縫い付けています。

そのため、ふんわりやわらかく、やさしい雰囲気に仕上がっています。

そして。まるっこくて、ぷっくりで、見た目にもかわいく、それでありながら実用的なポーチになっています。

たとえば。。。

  • オフィスでの休憩時間、お手洗いのお供にちょこっと持てる化粧ポーチとして。
  • 出先で、あるとちょっと便利なソーイングセットを持ち歩くポーチとして。
  • バッグの中で迷子になりがちな小物を整理するための小物入れとして。
  • ほっと一息つくときに、ちょこっといただくキャンディなどを持ち歩くためのおやつケースとして。

バッグの中を整理するのに便利に使っていただけるポーチになっています。

できあがりサイズは、


  •  一番広いところ 約15㎝
     底の部分    約12cm
  • 縦        約11cm
  • マチ       約5㎝
  • ファスナー    20㎝

となっています。

製作過程ご紹介

ごく簡単にですが。。。製作過程をご紹介いたします。

土台のキルト綿に印をつける

本来クレイジーキルトは、いろんな生地を自由につなぎ合わせる、というイメージなのですが、私はそれだとあっちこっちで悩んでしまって時間がかかってしまうので、事前にある程度端切れの形、配置を決めています。

それの印を土台となるキルト綿に印をつけました。

薄くて見えにくいですね💦。失礼いたしました。

生地の配置は以下のようなイメージに決めました。

端切れを縫い付ける

土台のキルト綿の決めた場所に端切れを縫い付けていきます。

ステッチを入れる

端切れを縫い合わせている部分にステッチを入れます。

私は25番刺繍糸(比較的よく使われる刺繍糸)を使ってステッチを刺しています。

レースを付けてバインディング

コーデュロイの部分とクレイジーの部分の境目の部分は、レースを付けてみました。

そして、バインディングまでできたところです。

そしてファスナーを付けて、仕立てたら完成です!

おすすめポイント

このポーチの、私のお気に入りの点以下です。

コーデュロイの生地を使ってる

コーデュロイ生地とは、綿を使って表面がデコボコになるように織り上げられた生地です。ちょっと厚みがあります。起毛している感じがあり、手触りがやさしく、暖かいです。

ファッションアイテムとしては、おしゃれで、保温性もあるので、秋冬のアイテムにはぴったりの生地です。

実は、パッチワークキルトでは、あまり使わない生地です。厚みがあるので、キルティングに向かないためです。しかし。コーデュロイのこの雰囲気が気に入ってるので、キルティングを入れない部分にだけ使用しています。

コーデュロイを使うことで、寒い季節にぴったりの温かみのあるポーチに仕上がりました。

コーデュロイとクレイジーの境目のレース

コーデュロイの部分とクレイジーの部分の境目の部分にレースを付けてみました。

レースが、クレイジーの感じとも、コーデュロイの雰囲気とも合っていて、とってもいい感じです。

これは、手でまつりつけているのですが、待ち針で留めていても微妙にずれたりして、思ったより苦戦しました。が。苦労した甲斐あって、きれいに付けられたかなと思います。

作品にこんな感じで飾りのレースを付けたのは初めてだったのですが、かわいくできたのではないかと、自分なりには気に入ってます。

クレイジーキルトについて

クレイジーキルトというのは、先にも書いたように、パッチワークの技法のひとつで、土台布の上に不規則に布を縫いつけ、刺しゅうステッチを施したキルトです。

縫い方に決まりごとはなく、 サイズも形も並べ方も、自由です。 使う生地もどんな生地もOKです。通常パッチワークで使用する綿だけでなく、アンティークのキルトなどでは、豪華なシルクやベルベットなども使われているようです。

どんな生地を使ってもよいので、大好きで思い入れのある生地を集めて作るのもいいですね。そうすることで、思い出のアルバムや、お気に入りのスクラップブックのようなイメージで作ることもできます。

また。生地はサイズも形も自由なので、お気に入りだったけど小さな端切れになってしまった生地も大切に使うことができます。

いろんなお気に入りの生地を組み合わせ、かわいい刺しゅうステッチを施すことで、思いがけずかわいく素敵な作品が生まれるので、私のお気に入りの手法の一つです。

お知らせ

ハンドメイドマーケットサイトminneで販売させてもらっています。よかったらチェックしてみてくださいね。

コーデュロイとクレイジーのシェル型ポーチ
クレイジーキルトの手法で作ったシェル型のポーチです。クレイジーキルトというのは、パッチワークの技法のひとつで、土台布の上に不規則に布を縫いつけ、刺しゅうステッチを施したキルトです。このポーチは、土台布にキルト綿を使っており、キルト綿に布を縫い付けています...
コーデュロイとクレイジーのシェル型ポーチ
クレイジーキルトの手法で作ったシェル型のポーチです。真ん中にさりげなく入ってるハリネズミちゃんがかわいいです。クレイジーキルトというのは、パッチワークの技法のひとつで、土台布の上に不規則に布を縫いつけ、刺しゅうステッチを施したキルトです。このポーチは、土...

コメント

  1. こはるおと より:

    シェル型ポーチも可愛いですね!
    クレイジーキルトというのもまたオシャレです。
    素敵です!

    それと私、ブログ閉鎖してしまいました…💦
    これまでコメント頂きありがとうございました!とても嬉しかったです。
    こちらでは今後もよろしくお願いします。

    今後は完全な音楽素材サイトとして、運営していこうかなと思っています。

    • miwazou miwazou より:

      こはるおとさん。ありがとうございます。
      うれしいです(^^)。

      ブログ閉鎖しちゃったのですね。
      一から全部作った力作、すごいって思っていました。
      でも、今やりたいこと、やれることをやるのがいいと思うので、決断できたのはよかったですね。

      twitterを見させてもらっていると、今は音楽制作が楽しくされているのかなって思っていました。
      ステキな作品を楽しみにしていますね。

      こちらこそ。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました