あったかプクプク💛コーデュロイのシェル型ポーチご紹介

作品紹介

こんにちは。パッチワークキルト作家のmiwazouです。

パッチワークの手法を使って、シェル型のポーチを作りました。しっかりとマチが付いていて、意外と見た目より収納力があるポーチになりました。

こちらのポーチをご紹介いたします!

作品ご紹介

コーデュロイという、保温性があり秋冬のアイテムにはぴったりの生地を使っているので、あたたかみがあり、見た目にもかわいく、それでありながら実用的なポーチになっています。

たとえば。。。

  • オフィスでの休憩時間、お手洗いのお供にちょこっと持てる化粧ポーチとして。
  • バッグの中で迷子になりがちな小物を整理するための小物入れとして。
  • ほっと一息つくときに、ちょこっといただくキャンディなどを持ち歩くためのおやつケースとして。

バッグの中を整理するのに便利に使っていただけるポーチになっています。

できあがりサイズは、


  •  一番広いところ 約15㎝
     底の部分    約12cm
  • 縦        約11cm
  • マチ       約5㎝
  • ファスナー    20㎝

となっています。

製作過程ご紹介

ごく簡単にですが。。。製作過程をご紹介いたします。

生地、キルト綿などをカット

表布(コーデュロイ生地、パッチワーク部分の端切れ)、中袋用布、接着キルト綿をカットします。

(なんか髭を生やしたおじさんみたいになってしまいました(汗))

表布(キルトトップ)を作る

端切れを縫い合わせて(ピーシング)、表布を作ります。

底の部分(写真の真ん中のところの薄いピンクの生地です)にコーデュロイの生地を使っています。

パッチワークの部分は、ヘキサゴンというパターンで、正六角形のピースをつなぎ合わせるパターンになっています。今回は、スクラップキルトという、いろんな柄のピースをランダムに並べるパターンにしました。

キルティングする

表布と裏布の間にキルト綿をはさみ、キルティングをします。

今回は、正六角形の対角線を引くイメージでキルティングをしました。

本体を仕立てる

本体のできあがり位置に合わせて、生地をくるむようなイメージでバイヤステープを縫い付けます(バインディング)。そしてファスナーを付けます。

そのあと、両脇をまきかがりで縫い合わせ、マチの部分も縫います。

これで、本体の形ができあがります。

こちらは、本体を裏返して、裏側を見ているイメージです。

中袋を作って、本体にまつりつける

中袋を作ります。

これをひっくり返して、本体の中に入れ、本体のファスナーの縫い目を隠すイメージでまつりつけます。

完成!!

私がこだわったこと

このポーチを作るにあたっての、私のお気に入りの点以下です。

コーデュロイの生地

コーデュロイ生地とは、綿を使って表面がデコボコになるように織り上げられた生地です。ちょっと厚みがあります。起毛している感じがあり、手触りがやさしく、暖かいです。

学生の頃学校にあった黒板消しの、消す部分の生地がコーデュロイです。というと、少しイメージしやすいでしょうか。。

ファッションアイテムとしては、おしゃれで、保温性もあるので、秋冬のアイテムにはぴったりの生地です。

実は、パッチワークキルトでは、あまり使わない生地です。厚みがあるので、キルティングに向かないためです。私は、今回初めて購入しました。

楽天でお買い物をしていたときに、「もうちょっと買うと送料無料になるんだよね~」って思って、何か生地でも一緒に買おうかしら。。ってなんとなく見ていました。それで、たまたま目に入ってきたって感じでした。暖かそうだし、キルティングをしない一枚布で使うなら、何か作れるかもって思って、気軽に購入してみた、というところでした。

買ってみてよかったです♡。暖かい感じが今の季節にもぴったりだし、色が私の好きな雰囲気(色は購入前にわかっているけど、やはり実物を見るまではドキドキするので)。

ぜひこれを使って小物を作ろう!って思ったのでした。

ハンドキルティング

表布と裏布の間にキルト綿をはさみ、一針一針、丁寧にキルティングをほどこしまています。

私は、キルティングは、ミシンではなく、手で縫うハンドキルティングにこだわっています。

ミシンのようにきれいに整った針目で縫うことはできないですが、その分、味わいがあり、温かみが感じられます。ミシンに比べると、かなり手間暇はかかってしまうのですが、機械感がなく、ふんわりやわらかく、やさしい雰囲気に仕上がります。

おすすめポイント

私のおすすめポイントは以下の感じです。

  • コーデュロイ生地を使っているので、寒い季節にぴったりの温かみのあるポーチに仕上がりました。ほっと一息つくときに、このポーチの温かみと、ほっこり感を感じていただけるかと思います。
  • ハンドキルティングをしていることで、ふんわり、ぷくぷくな、かわいい感じを感じていただけるかと思います。
  • 割としっかりめにマチをつけているので、見た目より収納力があります。

お知らせ

ハンドメイドマーケットサイトminneで販売させてもらっています。よかったらチェックしてみてくださいね。

コーデュロイとヘキサゴンのシェル型ポーチ
パッチワークで、ヘキサゴンというパターンを作ったシェル型のポーチです。しっかりとマチが付いていて、意外と見た目より収納力があるポーチになりました。オフィスでの休憩時間、お手洗いのお供にちょこっと持てる化粧ポーチとして。バッグの中で迷子になりがちな小物を整...
コーデュロイと四角つなぎのシェル型ポーチ
パッチワークで作ったシェル型のポーチです。しっかりとマチが付いていて、意外と見た目より収納力があるポーチになりました。オフィスでの休憩時間、お手洗いのお供にちょこっと持てる化粧ポーチとして。バッグの中で迷子になりがちな小物を整理するための小物入れとして。...

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆
最後まで読んでくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
ハンドメイド布小物♪キルト和 - にほんブログ村
☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

作品紹介
スポンサーリンク
シェアしてもらえるとうれしいです♪
よかったらフォローしてくださいね♪
キルト和

コメント

タイトルとURLをコピーしました