チューリップのミニタペストリーご紹介

作品紹介
スポンサーリンク

こんにちは。パッチワークキルト作家のmiwazouです。

チューリップの花をアップリケしたミニタペストリーを作りました。暖かい春のさわやかな雰囲気のかわいいタペストリーになりました。

こちらのミニタペストリーをご紹介いたします!

作品ご紹介

かわいいチューリップの花束をアップリケした、小さいサイズのミニタペストリーです。

ナチュラルテイストなお部屋の一角に飾っていただくと、お部屋のアクセントになり、ステキだと思います。また、暗くなりがちな玄関やお手洗いに飾っていただくのもよいかと思います。

サイズの小さいミニタペストリーですので、マンションの玄関にもピッタリです。

生活空間の一角に、お部屋のアクセントに、季節の彩を添えることができる一品になるかと思います。

できあがりサイズは、

  • 横        約24cm
  • 縦        約24cm
  • 棒通しの部分の幅 約4.5cm

となっています。

こだわりポイント

このタペストリーを作るにあたっての、私のこだわりの点は以下です。

デザイン

チューリップの花束みたいなもの、あんまり本数が多いと大変だし、少ないと寂しいからなぁ~、ぐらいのイメージだけを持って、検討を始めました。

実は恥ずかしながら、私は絵心が壊滅的になくて、言うなれば「アメトーーク!」の「絵心ない芸人」レベルです。

なのですが、どうしてもチューリップをアップリケで作りたかったので、がんばって描くことにしました。

私にしては珍しくたくさん描きました。花の形、チューリップの本数、葉っぱの数、配置、など、たくさん描いてみて、ちょっとずつ変更したりして、自分のイメージに近くなるように修正していきました。

数日かけて、やっと自分なりには「いい感じ♡」と満足な感じにできました。普通にお絵描きできる人にとってはわけがわからないと思うのですが(汗)。

そんな私が苦労して、やっとできた、私なりにはこだわりのチューリップです(^^)。

ハンドキルティング

表布と裏布の間にキルト綿をはさみ、一針一針、丁寧にキルティングをほどこしまています。

私は、キルティングは、ミシンではなく、手で縫うハンドキルティングにこだわっています。

ミシンのようにきれいに整った針目で縫うことはできないですが、その分、味わいがあり、温かみが感じられます。ミシンに比べると、かなり手間暇はかかってしまうのですが、機械感がなく、ふんわりやわらかく、やさしい雰囲気に仕上がります。

このやさしい雰囲気が私は大好きなのです。

お知らせ

ハンドメイドマーケットサイトminneで販売させてもらっています。よかったらチェックしてみてくださいね。

お花のミニタペストリー《チューリップ》
チューリップの花をアップリケしたミニタペストリーです。暖かい春のさわやかな雰囲気のかわいいタペストリーになりました。ナチュラルテイストなお部屋の一角に飾っていただくと、お部屋のアクセントになり、ステキだと思います。また、暗くなりがちな玄関やお手洗いに飾っ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました