子供の高校受験を終えて私が考えたこと

私が思うこと
スポンサーリンク

こんにちは。パッチワークキルト作家のmiwazouです。

今年度、私の次男が中学三年生で高校受験をがんばっていました。

本日、本命の公立高校の合格発表が行われ、見事合格!!ありがたいことです。これで、高校受験は一段落です。

長男の時は、子供が自分で受験したい高校を決めて、比較的合格圏内の高校だったこともあり、私の中の感情はそれほど揺れ動かなかったように思います。ちょっと緊張していたけど、合格できて「よかったぁ」って安堵した、って感じでした。

しかし。次男は、全然勉強しないのにちょっとチャレンジングな高校を受験したいといい、私のほうがかなり緊張していました。

そんなことで。次男の高校受験体験を書いてみようと思います。

志望校決定

ものすごく能天気な次男りお。志望校を決めるときも、長男が通っていた高校をなんとなくあっさりと「兄が行けるならぼんやりしてても行けるんでしょ」ぐらいの感覚で決めていた感じがしました。

中学校生活で定期テスト前もゲームとYouTube漬けの生活は変わらず、毎回「今回はいい感じ♡」と言いつつ、なかなかのひどい点数を持って帰ってくる💦という日々でした。

そんなことなので、内申点が長男の時に比べたら、ずいぶん点数が低いのです。

さすがに、きちんと受験校を決めていく段階になって、そこはもう無理だろうと悟ったのか、もう一つ点数的に合格しやすいと思われる学校に変更することにしました。

ですが。内申点は本当に低いので、変更後の学校でもなかなか厳しい、当日の入学試験がある程度取れないと難しいだろう、という感じでした。

ただ。仲のいいお友達も一緒に受験することもあり、絶対その高校に行きたい、それ以外はないんだ!って思っているようでした。

入学試験に向けて

そんなわけで。志望校に合格するためには、かなりがんばって本番試験の点数を取らないといけない、という状況になっていました。

りおもある程度はそれを理解しているようで、「これからはSNS、動画視聴はしない!」と言い出しました。確かにそれは守っているようでした。私が見ている前では💦。自分の部屋ではこっそりYouTubeを見ていたようです。

ただ。ゲームはどうしてもやりたいと言って、勉強した時間だけゲームもやってもいいことにしていました。

しかし。だんだんゲームの時間が長くなっていき、ほとんどゲームの合間にちょこっと勉強する、という感じになっていきました。

そんなんじゃあ難しいなぁ。。。模試ではなぜか割とそれなりの成績が取れていて、だから油断しちゃってたのだと思います。

これはもう最悪不合格になってしまっても「油断してゲームばっかりやってたから、やっぱり結果はついてこなかったんだよ」っていうことを痛感してもらうしかない、とあきらめモードになっていました。

入学試験を終えて

なんとか無事入学試験を受けてきました。

あまり自信がなかったようで、夜、テレビやインターネットで試験の解説をやるというのを知って「そういうの見て自己採点する?」って聞くと、「見ない。やらない。」って言ってました。

まあ。試験の点数が今わかっても、結局合格できるかどうかは合格発表にならないとわからないし、まいいかって思ってました。

しかし。お友達とLINEでお話をしていたようなのですが、みんな自己採点をしたようで、りおにもやるようにって言われたらしく、模範解答を見ながら自己採点をしたようです。

りおは、がっつりと理系系教科が得意で、社会、国語がずっと難点でした。しかし、最近の模試では国語の点数が少し上がってきたので「本番でこんな感じでできるといいね」って言ってました。なのに、国語が撃沈だったそうで、もうだめだぁってなってました。

そんな話を聞いていたので、私ももうダメなんだろうって思っていました。併願で受けた私立の高校は合格していたので、もうここに行くことになるんだろうって思っていました。

私立かぁ。お金がかかるぞぉ。

私は今、主にパッチワークキルトの技法で布小物などを作って販売をさせてもらっています。今のところあまり売れてなくて、私の収入はほとんどない、という状況です。

ハンドメイド作品販売などをお仕事としてやっていきたい!という気持ちはあるのですが、夫がある程度収入があり、私の収入がなくても生きていける、という感覚が、私の根底にある気がしています。仕事としてやっていくにはもっと必死にがんばらないといけないとわかりつつ、なかなか進められずにいました。

今回のりおの私立進学(推定)は、神様が「これで切羽詰まったでしょ。そんなに怠けてないで、もっと必死にがんばりなさい!」って言ってるのかと思いました。

さすがに子供二人が私立の学校に通うとなると、私もある程度収入を得たほうがいいかなぁと思いました。そして、今年中はとにかくがんばって売り上げ目標を達成しよう!しかしそれができなかったら他にも収入源を確保する方向にしようと考えました。

合格発表!

そんなこんなで。合格発表の日を迎えました。

webでの発表でした。

りおと二人でパソコン画面に注目。受験番号とパスワードを入力して、「発表」のボタンを押下するという流れです。ボタン押したくないよぉって言ってました。

意を決してボタンを押下。そしたら「合格」の文字がぁぁぁ。

一瞬二人でかたまりました。「合格」って書いてる!?うそ!?本当に合格!?と二人でパニックになってました。

やば。合格したらどうしたらいいんだっけ?何時にどこに行くんだった?なんて慌てて確認してました。

そんなドタバタな合格発表でした。

なんとか無事一段落して考えたこと

りおは、「全然できないと見せかけて本番ではなんとかしちゃう」みたいな、そいいうところがあるなぁと思いました。

保育園の時、年長さんになると運動会で全員が竹馬に挑戦します。数か月前から遊びの時間にも竹馬の練習を始めて、私が見ていた限りでは、毎年全員が乗れるようになっていました。

(これは先生がすごいです!先生に感謝です。)

りおは、いつまでたっても乗れるようになりませんでした。さすがに運動会の日が近づいてきて、私のほうが心配になり、保育園の竹馬をお借りして帰っておうちでも練習しようとしました。でも、本人がなかなかやる気にならなくて。もうだめかもしれないなぁって思っていました。

そしたら、運動会の2,3日前ぐらいに、お迎えに行ったときに「お母さん!!りおくん竹馬に乗れましたよ!」って教えてくださいました。うそ!?すごいかも!!

本番でも、ちゃんと乗れてました。

びっくりしました。ちゃんと乗れてた、といっても、一番低いところで、みんなが越える障害物も縄一本って感じ。正直「すごい!!」って感じではありませんでした。でも、私的にはものすごい感動でした。

今日の合格発表もそうでした。絶対に無理と思っていたのに合格していた。私は、長男の時も、自分の時も不合格だった時も泣いた記憶はないのですが、今日はちょっと号泣でした。

とりあえず第一志望の高校に行けることになってほっと一安心です。よかったぁ。

が。これから怒涛の入学準備が始まります。入学金振込、入学手続き、制服購入、教科書など購入、などなど。大変だぁ。。。💦

そして。私ですが。公立高校に進学できることになったので、私立高校に進学することを思えば授業料などはかからないことになりました。でも、せっかく「ハンドメイド販売でなんとか売上目標達成しよう!!」と思い立ったので、その気持ちは持ったままがんばりたいなぁって思います。

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆
最後まで読んでくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
ハンドメイド布小物♪キルト和 - にほんブログ村
☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

私が思うこと
シェアしてもらえるとうれしいです♪
よかったらフォローしてくださいね♪
スポンサーリンク
キルト和

コメント

タイトルとURLをコピーしました