『ヨコハマハンドメイドマルシェ2023』出店してきました!

イベント出展
スポンサーリンク

こんにちは。パッチワークキルト作家のmiwazouです。

先日、『ヨコハマハンドメイドマルシェ2023』に出店してきました。

ハンドメイド販売を始めて(というか始めたいと思ったころかも)、こんな大きなイベントがあるんだって知って、いつか私も出店してみたいと憧れていたのがヨコハマハンドメイドマルシェ。

いつか出店するぞ!偵察だ!って何度かお客さんとして遊びに行きました。

こんなところで出店者として参加できたらすごいなって思ってました。

そして。昨年末ぐらい思い切って、まさに清水の舞台から飛び降りる気持ちで出展申し込みをしたのでした。

そんな憧れのドキドキのマルシェの様子について書いてみようと思います。

準備

出品する作品

ずっと委託販売をお願いしているヤマザキとか、先日出店させていただいたNANBUマルシェとかは、お客さんはコンビニや市場でのお買い物がメインでいらっしゃってて、私の作品については「あら。かわいい。買っちゃおうかしら。」ってノリで買っていただけるのかなと思いました。なので、あまり手が込んでて高いものだと気軽に買えないかなと考えました。

しかし。今回のマルシェはわざわざ入場料を払ってハンドメイド作品を楽しみたい!というお客さんがいらっしゃると思いました。

なので。多少手が込んでて価格が上がったとしても、気に入ってもらえたらご購入いただけるのではないかと考えました。

というわけで。がっつりとパッチワークして作ったものをメインに持っていきたいと思いました。

後。最近作って、自分でも気に入ってるし、「かわいい」ってお声がけいただいてるミニリュックも持っていくことにしました。

というわけで、こんな感じにしてみました。

ディスプレイについて

ベースは前回のNANBUマルシェのイメージで考えました。

本当は屋内のイベントなので以前購入したダンポールの棚を使うことも考えたのですが、テーブルが小さめってこともあり、ダンボールの方はやめることにしました。

NANBUマルシェから変えたのは以下です。

  • テーブルクロス
  • ミニリュックを展示するパンチングボードを大きくした
  • ミニトートバッグのディスプレイ

まずはテーブルクロス。今までは100均の薄っぺらいのを使ってたのですが、これだと屋外のイベントの時に風でひらひらしちゃってよくなかったので、ちゃんとしたテーブルクロスを購入しました。

amazonで、ちょっと北欧風で、色味も柄(刺繍)も気に入ったし、周りのタッセルみたいなのもかわいくて、いい感じのを見つけたので購入しました。

思った感じのステキなクロスだったのですが。一点だけ。ちょっと重い(>_<)。そうでなくても荷物が重くて大変だぁって思っていたのですが、さらにテーブルクロスが重くなっちゃうのが想定外でした。

でも。いい感じにディスプレイできるし、買ってよかったです。

ミニリュックのパンチングボードは、NANBUマルシェの時は大きいのがなくて諦めて小さいサイズのを使ったのですが、やはり大きいのがいい!と思って改めて購入してきました。

ミニトートバッグはかけて展示したかったのでいろいろ考えてたのですが、結果、テーブルに突っ張り棒をつけてここにかけるようにしました。

テーブルの天板の厚さとか構造とかわかってなかったから、うまくいかなかったらヤバいなと思いつつ行ったのですが、結構いい感じにとめることができました。

今回のディスプレイはこんな感じです。

ミニリュックは、写真で見てみたら、もっとぎゅうぎゅうにかけてもよかったかなぁと思ったりしました。

当日の様子

イベント当日

週間天気予報では、当日はめっちゃ雨予報。前日の夜もいい感じに降ってました。

雨も覚悟してたのですが、私が出かけたときはやんでいて、会場の最寄り駅から会場に向かう頃、微妙に降ってきた感じもするけど、ほぼセーフ!って感じでした。

ただ。開催中は雨が降ってたのかなぁ。ビニル袋に傘を入れて持ってるお客さんが何人もいらっしゃいました。お足元が悪い中来てくださったんだなぁって感謝でした。

会場の様子

大きなパシフィコ横浜のB,C,Dホールをぶち抜きしてる大きな会場で、向こうの端は見えないほどでした💦。

開場前にちょっとお手洗いに出てみるとずいぶんたくさんの方が並んでらっしゃって、さすがに大きいイベントは違うなぁとドキドキしました。

開場されるとたくさんのお客さんがいらっしゃって、ブースの前も割とずっとお客さんが通られてる感じでした。

たくさんの買い物袋を持ったお客さんも割といらっしゃって、やっぱりがっつり買い物するぞ!って気合を入れてこられる方も多いのかなと実感しました。

後。私が元々こういうイベントといえば「キルト展」で、来られてるのは圧倒的に女性ばかりという印象があります。

しかし、今回は、もちろん女性が多いのですが、男性やお子さんも多く、ご家族でいらっしゃってる方も割と多かった気がしました。

私のブース

私のブースでは、ミニリュックをたくさん見ていただけました。

実際に手に取って「めっちゃかわいい♡」ってお声がけくださったり、私にではないけどお友達同士でいらっしゃったお客さんが「これかわいいね」ってお話されているのが耳に入ってきたり。

私の最近のお気に入り作品の一つなので、めちゃくちゃうれしかったです。

私のお気に入りのポイントである「ぷっくりフォルム」をかわいいと言ってくださった方もいらっしゃて、本当にうれしかったです。

また。ミニトートバッグも割とお手に取っていただけました。

お値段確認して「高いなぁ」って反応される方も割といらっしゃったのですが、「かわいい」って見てくださったのは本当にうれしかったです。

価格は下げた方がいいかなとも思うのですが、ネットではこの価格でご購入くださり、とても満足してくださったりしてるので、もうちょっとこのままがんばってみようかと思います。

後。マチ付きの大きめのポーチは、私は結構使い勝手がいいんじゃないかと思ってるんですけど、今回のお客さんにはあまりはまってなかったかなぁって感じがしました(;_;)。

まとめ

主催者様、他の出店者さん、来場くださったお客様、ご購入くださったお客様、私の作品を見て「かわいい♡」って声かけくださった皆様、たくさんの人に感謝です。本当にありがとうございます。

今後に向けて以下について検討、対応したいなと思いました。

  • ディスプレイについて
    自分の中では「いい感じにできたんじゃない?」って思っていたのですが、写真に撮って客観的に見てみると、なんか物足りないというか、何かが違うというか、そんな感じがしました。
    一つはミニリュックのパンチングボードかなと思います。もっといっぱい展示してもよかったかなと思いました。
    もうちょっというと。もっと目を引くような感じにできればいいかなと思いました。
    後ろのブースの方はパンダの作品を展示されていたのですが、通る方々が「うわ!かわいい!」って足を止められていました。
    私ももっと「あれ!これ何!?」って足を止めてもらえるような感じにしたいなって思いました。
  • 接客について
    先日のNANBUマルシェで、作品を見てくださってる時にたわいもない会話をしてみるっていうのを実践してみました。
    気になるかわいいバッグを持ってたり、アクセサリーをしていたりする方にお声がけしてみたりしました。場が和んでいい感じだったかなと思います。
    でも。やはり、ゆっくり作品を見てくださってる方にお声がけした方がいいのか悩むことも多く、なんか気まずい感じがすることも多かったです。積極的にお話して購入の背中を押した方がよかったかなぁと思うこともあったりします。
    接客はまだまだ修行が必要そうです。。。

すごく盛況ですごく楽しかった!!!って感じではなかったですが、今までよりも少しずつよくなってきたかなと思います。

もしかしたら私の作品をすごくかわいいって思ってくださる方がいらっしゃるかもしれないのに、その方にちゃんとお届けできるように、少しでも改善していけるといいなと思います。

今後について

次のイベントは7月30日(日)の「カラフルハンドメイドマーケット×こころフェア inTokyo」です。

大きなイベントが一段落して油断しちゃってますが💦もう1か月たたないうちに次のイベントです。

今までの反省も踏まえて、しっかりと準備して挑みたいです。

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆
最後まで読んでくださってありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いいたします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
ハンドメイド布小物♪キルト和 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

イベント出展
シェアしてもらえるとうれしいです♪
よかったらフォローしてくださいね♪
スポンサーリンク
キルト和

コメント

タイトルとURLをコピーしました